ひざ痛の原因として考えられることは、スポーツ、怪我、骨の劣化や摩擦、何らかの病気によるものなど、数多くあります。 スポーツでは、走ったり跳んだり、急停止したりと、ひざに負担の掛かる動作をよくするので、ひざが痛くなる原因になることが多いでしょう。 また、スポーツによって負担が掛かってひざを痛めることも多いですが、スポーツの際に怪我をすることが多い部位もひざだと言われています。 それに、年齢を重ねると、骨の劣化が起こりやすくなることも、ひざ痛の大きな原因となります。 ひざは、体重による負荷を分散しながら体のバランスを取っているのですが、動作によっては自分の体重の約10倍もの負荷が掛かることもあるため、他の部位よりも骨が劣化しやすいのです。 日常生活でひざに負担の掛かる動作を頻繁に行っている人は、その分、ひざ痛を起こしやすくなるので、気をつけるようにしてください。 他にも、骨にできる腫瘍や炎症などにより、ひざ痛が発生することもあります。